日本ゲーム市場が復活を果たすには何をどう変えればいいのか?CEDEC講演“日本人よ、このままでいいのか?!”リポート【CEDEC 2020】 [ファミ通App]

クリエイターでなくても考えさせられる内容 9月2日より、CESA主催で行われている開発者向けカンファレンス“CEDEC 2020”にて、“日本人よ、このままでいいのか?!日中ゲーム開発現場から日本人クリエイターの未来像を考

腰の位置から目のそらし方まで!「FF7R」のクラウドたちが人間になるまで

ゲーム開発者向け会議CEDEC 2020にて、「『FINAL FANTASY VII REMAKE』におけるキャラクターアニメーション技術」と題されたセッションで、本作のリードアニメーションプロデューサーであるスクウェア・エニックスの原龍氏と、

『ファイナルファンタジーXV』から4年――LUMINOUS ENGINEはどう進化したのか?

ゲーム開発社向け会議CEDEC 2020にて、「オープンワールドを、自然に意思を持って埋める。 LUMINOUS ENGINEのプロシージャルへの取り組み」というセッションが行われた。

『FFVII リメイク』はセリフや音声から、クラウドたちの表情を自動生成。より豪華でリアルなキャラクターモーションを大量に制作する自動生成の手法【CEDEC 2020】(ファミ通.com)

(写真:ファミ通.

[CEDEC 2020]「バーチャルアクターの心理ケアの課題と対応案」をレポート。キャラを演じる心労などバーチャルYouTuberの現状が明らかに

 「CEDEC 2020」の初日(2020年9月2日)に実施されたセッション「臨床心理士と開発者が当事者研究事例から考える,バーチャルアクターの心理ケアの課題と対応案」のレポートをお届けする。講演では,バーチャルYouTuberを演じるアクターを心理的に守る存在の重要性が語られた。

[CEDEC 2020]日本人よ,このままでいいのか? 日中ゲーム開発の現状や,日本のゲーム開発者が進むべき道が熱い思いで語られた講演をレポート

 CEDEC 2020の初日となる2020年9月2日,「日本人よ,このままでいいのか?!日中ゲーム開発現場から日本人クリエイターの未来像を考える〜緊急時対応から見えてきた実像」という,大胆なタイトルのセッションが行われた。日中ゲーム開発の現状を説明し,日本人ゲーム開発者が進むべき道が語られている。