「WHO'S NEXT?」で2位になった話。(1)|はまーん。|note

 はじめまして、はまーんです。初noteです。  この度CGWORLDさんの学生限定投稿コーナー「WHO'S NEXT?」で2位を頂きました!!!めっちゃ嬉しい...

Animcraft - 3Dアニメーションアセット管理用パイプラインサービス!Maya&Maxや各種ゲームエンジンに対応!

Basefountによる3Dアニメーションアセット管理用パイプラインサービス「Animcraft」というのが登場していました。これはなかなか良さそうですよ。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのサントラを買う人が知らないゼルダBGMの裏側|じーくどらむす|note

全世界70億人のゼルダファンの皆様、 そしてその9割を占めると言われる60億人超のゼルダ音楽ファンの皆様へ。

「葬送のフリーレン」が体に染み入るようにじんわりほっこりと面白いので皆読んで欲しい

最近自宅でkindle端末を導入しまして、物理本で埋まった本棚を整理しながら子どもたちと漫画を楽しむ生活を送っています。 今は長男が黙々とDr.

音楽からダンスを自動生成、J-POPも踊れる「Dance Revolution」 Microsoftなど開発

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

線画を自動着色、別画像の色合いを参照 KAISTなどが開発

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

写真に映った人の服装、体型、姿勢、動きを同時編集 深層学習で隠れた部分も推測

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

Unityにおける水面と浮力の表現。「Flotsam」開発者による解説記事が公開

「Flotsam」は海に浮かぶイカダの上で繰り広げられるサバイバルゲームだ。海には様々なゴミが漂流しており、それらをあつめてイカダを拡大、拠点として発展させていく。

「FX REFERENCES」紹介。VFXアーティストによる映像のリファレンスをまとめたサイト

映像表現はビデオゲームにおいても非常に重要なものになっています。今回は、そんな映像表現について参考にできる「FX REFERENCES」を紹介しましょう。

MAYAでスタジオライティング出来るモデルを無料ダウンロード出来ます

スタジオモデルをダウンロードする JAHIRUL AMIN SHOP MAYAで使えるリアルな映り込みなどが表示されるスタジオセットモデルに、スタジオHDIR画像、ライト用画像を無料でダウンロードして使う事が出来ます。ルックデブ用に使う

ゲームプレイとモーションの依存について

ネットの記事や本では、取り上げられることはほとんどなく、新しいことでもないですが、製作が長期に渡ることが多い市販のゲームでは、重要になってくる部分なので、まとめてみました。ゲームのジャンルによって、認

「アメーバ」は人間よりも迷路攻略が得意だった!行き止まり回避能力の謎が解明される

アメーバは「見えないはずの迷路の行き止まり」も予知して回避する能力があると判明しました。

皆が嫌っているのに、なぜOOPが未だに広く普及しているのか?

OOPは大成功を収めています。しかし、成功は単なる偶然だったのでしょうか? そして、2020年になっても、他のプログラミング・パラダイムでは実現できないユニークな機能を提供できるのでしょうか?

2010年代で変わったデザインとこれから

みんなのwebになった10年代 この 10 年を振り返って大きく変わったのが、web が水と電気と同じように欠かせない存在になったこと。もちろん、それ以前から web は多くの方が使っていましたし、早い時期から web の可能性を信

デザインとは交渉すること

受け身のままでは後退する 長くキャリアを積んだとしても、時に「デザインとは?」という疑問が頭に浮かび上がります。様々な定義がありますし、文脈や状況に応じて正解といえるデザインが変わると思います。私が携

ジェネレーティブUIデザインが作り方を変える

デザインツールのもうひとつの未来 「次世代デザインツールはどこへ向かうのか(後編)」で、デザインプロセスはよりチームスポーツのようになると書きました。デザインツールはより開発との連携がしやすくなり、よ

思考スタイルから知識整理ツールを選んでみよう

機能だけでは選べない知識整理ツール 情報と情報を繋ぎ合わせることで知識になると考えたとき、自分的に Roam Research がシックリくるサービスでしたが、人の性格と同じように思考の仕方は千差万別。ツールを選ぶときに

知識の整理ができるワークフローを作ろう

自分だけの道具箱を作る 大工の道具箱には、仕事に必要な道具がたくさん揃っています。素人の目から見ると違いが分かりにくい道具でも、プロには欠かせないものだったりします。道具の数が少なくても仕事はできます

情報過多時代に必要な知識の整理を始めよう

情報をもつことに意味はない 20 年くらい前だと情報を手に入れることすら敷居がありましたし、「情報を持っている」だけでも価値がありました。Web が広く使われるようになる前の時代に生きていた方であれば、情報を見

プロダクトデザイナーのスキルマップを考えてみた

何でも屋が増えてもスケールしない 「UXが付く肩書きがもつ不安感 」という記事で、UX デザイナーが『何でも屋』になっているのでは?という疑問を投げかけました。ひとりのデザイナーとして様々な分野に関わりたいと

Q&A デザインツールの見方・選び方

似たようなツールが多くて一長一短で、「〇〇(What)をするならコレを使う」というよりも、「状況 (Where, Who, How) によって今はコレを使う」といった目線で見ています。 ただ、どんどん新しい (けれども似たような) ツールが

デザインをスケールしていくための役割分担

数だけのデザインチームは『弱い』 インハウスデザイナーの数が少ない組織だとあらゆるコトができる方がいたほうが早く動けます。プロダクトはもちろんプロモーションやマーケティング用の成果物も作りますし、ディ

それでも私はデザイナー

今の働き方をするキッカケ 最近、私は業務で Sketch をはじめとしたデザインツールを開く機会が減ってきています。意図的に名を伏せるようにしていますし、実際はチームで作っているわけですから「私がこれを作りました

ニュートラル vs 意図的なトポロジー(※英語ムービー)

ユーチューバー Arrimus 3D 氏 によるチュートリアル。3ds Max と Blender でニュートラルなトポロジーを意図的なトポロジーに変える方法を紹介します。